私たち二人がお世話になっている、ソーイングレディーの(日本語ではお針子さんでしょうか?)ファッションショーを見るためにロンドンの北、ものすごく北!に行ってきました。うちからかるーく1時間はかかります。私の夫、ベンは彼女の会社にジャケットやズボンを作ってもらっています。(他にもお願いする会社があるのですが。)
ショーの会場だった場所で彼女は普段仕事をしているのですが、今回のファッションショーは地域の子供たちに、こういう仕事もあるんだよと紹介するのがメインの目的だったようです。
自分が住んでいる地域が、仕事を本気でしたい人たちのために場所を提供し、仕事をしやすい環境を作ってくれるって素晴らしいですよね。

IMG_4921

いつ訪れても大体毎回彼女のお嬢さんに会うのですが、その子はまだ6歳なのに、自分で縫い物もできて、たまに自分が作ったスカートを着ていたりします。さすがにこの日のドレスはママが作ったと言っていました。

ショーの会場が中から外へと変わり、彼女の他にもう一人別のデザイナーもショーをしました。モデルが持つバッグにランプを仕込んでいて、野外の夜の雰囲気に合う、味のあるショーでした。

さてさて、この日の私は夫のブランドBEN WESTWOODを着込みましたよ。パンツとコートがそうです。夫のブランドも新しく色々始めますので、後々ご紹介させていただきたいと思います。

Ben and I went to Wembley to see his sewing lady, Shilpa’s fashion show. She told us this fashion show is more for her community not for herself to show art and fashion to children living in the area.
When we visit her we often meet her daughter. I was very amazed by her last time I saw her because she was wearing her hand made skirt, which was very unique and pretty!( My mother has been working for clothes her entire life but I’m not good at sewing at all… )
Shilpa sometimes teaches children how to make bags or clothes in her community. I think this idea is very nice,the community itself supporting residents for work possibilities.

IMG_4904

IMG_4905

IMG_4907

IMG_4908

IMG_4917

IMG_4926

IMG_4936

IMG_4938

IMG_4946

IMG_4931

日本ではまだ馴染みのないイスラムの世界だと思うのですが、こちらロンドンではイスラム文化を垣間見る機会がたくさんあります。そんな中、自宅近くのギャラリーでいかにもムスリムな展覧会があっていたので立ち寄ってみました。

サウジアラビア出身のAbdulnasser Gharemというアーティストの展覧会だそうで、今もサウジアラビアで作品を製作されているそうです。
どのアートにも細かくアラビア文字が施されていて、イスタンブールのモスクの中で見たアートとはまた別世界のアートでした。

イスラムと言う厳しい戒律を背景に持ち、どこまでアーティストが自由に自分を表現できるのか。それとも、イスラムの戒律に基づいての自由の表現なのか。奥が深いな〜と思います。

フランスでは身につける物で宗物を表す物をつけてはいけないそうで、アルジェリア出身の女の子に、もしパリの公立の学校に通っていたら、学校でヒジャブをつける?と聞いたところ、学校の規則でそれがダメならば学業が優先なのでヒジャブはつけないと言っていました。その後こっそりヒジャブを取っていつもとは違う彼女の姿を見せてくれたのでした。

サウジアラビアのヒジャブは、現在ではオシャレの一部となっているようです。国によっても違うでしょうが、ヒジャブにも色んなデザインがあり、表現の仕方がある。ということは、イスラムアートはやはり宗教に基づいた自由を表現することになるのでしょうか。

IMG_4755

IMG_4754

IMG_4756

IMG_4757

IMG_4758

IMG_4759

IMG_4880

IMG_4881

blog

アーティストカップル、Joe RushとLetmiyaのお宅にお邪魔しました。
ジョー・ラッシュは、メタルや廃材を使ったアーティストで、昨年のパラリンオリンピックの閉会式でヴィヴィアンが乗っていた車を作ったり、またこのClimate revolutionのアートを作った人。今年は世界一有名な夏のフェス、グラストンベリーのローリングストーンズの舞台も作っています。

19

一方彼女のレトミヤはフランス人の映画監督で、ヴィヴィアンのドキュメンタリーフィルム「Do it yourself」を撮った人です。

私がロンドンに越してきて、一番気さくに声をかけてくれたのがこのレトミヤ。持ち前の明るさと頭の良さ、加えて美貌にスタイルの良さ。天は二物を与えたんだなと思わざるを得ません。

そんな二人は昨年までヘリコプターの中で生活してたのですが(ワイルドでしょ)やっと家に住んでみる気になったらしく(笑)ディナーの招待を受けたので行ってきました。

家の中はジョーそのままだなという雰囲気。至る所にジョーのアートがあります。椅子も鏡もオブジェも全てがジョーの世界。

日本の雑誌でよく海外アーティストのお宅特集やってますよね?このカップルのお家、取り次ぎますので是非ご連絡下さいませ!

この日はタイルのアーティストも一緒で、彼女のアートも見せてもらいました。
レトミヤが中指立てて見せてくれてます。
「It is easier to build strong children than to repair broken men」
「壊れた男を修理するより、強い子供を作る方が簡単だ」だそうです(笑)

IMG_4886

長々と4時間もお邪魔し、大人5人で話題は教育の話、アートの話、エイリアンの話、家族の話と尽きません。議論好きのフランス人レトミヤは言葉巧みにどんどん議論を持ち上げて行きますが、日本人ってこういう時聞き役になってしまうんだよな〜と改めて痛感した夜でした。ガンバレ私!

Joe RushのHPはこちら。こちらもレトミヤが作っています。
http://joerush.com/

IMG_4883

IMG_4887

IMG_4895

IMG_4896

IMG_4898

IMG_4900

IMG_4901

VOGUE ON DESIGNERSを足早に後にしたのは、ベンのお友達のマイケルがポエムのお披露目をノッティングヒルのレストランでしたからでした。
ポエムのお披露目、マイケルは役者のように自分のポエムを読み上げて、たまにオーディエンスにも読ませてと、思った以上に(失礼ですが)なかなか良かったですよ。

でもこの日一番感動したのは、ポエムとは無関係なのですが(さらに失礼)ヴィヴィアンのお友達ジゼルのランプです!ジゼルに渡すものがあったので、彼女の家から近いこのレストランまで来てもらいました。そしてジゼルと言えば何を連想するかと言いますと、たくさんのアンティークランプです。彼女の家にもショップにもとにかく美しくかわいいランプがたくさんあります。そこでジゼルのお店(ポートベロマーケットにあります)で見た、ピンクのスカートをはいた少女のランプの話をしたら、「そのランプ私が作ったのよ〜」と。実は地元福岡にピンクではなく黄色のスカートをはいた少女のランプを持ってる子がいるので、その写真を見せたら「これも私が作ったのよ!彼女どこで買ったの!?」と驚きを隠せないようでした。

ジゼル、すごい・・・。あの素敵なランプを作っただなんて。

そんな素敵な彼女のお店は1 Portobello roadにあります。

IMG_4725IMG_4723IMG_4724IMG_4733IMG_43841080204_317880891682576_809411237_n

VOGUEから義理の母Vivienne Westwoodの本が出版され、そのパーティーがサウスケンジントンであったので行ってきました。Vivienneの他には、Balenciaga、Givenchy、Ralph Laurenも今回は出版されています。

私にとっては見知らぬ人だらけのパーティー会場だったのですが、夫はさすが今は珍しいロンドン生まれロンドン育ち!会場に入って30分もすれば続々と知り合いが出てきます。
そんな中、やっと私も知ってるWestwood家のお友達ピーターに会えました。ピーターは人をジャッジしないとてもラブリーな人です。

会場ではシャンパンやフィンガーフードが振る舞われていましたが、私たち夫婦以外みなさんそんなに食べないんですね。。。あまりに美味しかったので二人でおかわりしまくりでしたよ!

普段はあまり夜出かけないのですが、その日は次のイベントに呼ばれていたので1時間くらいで会場を後にしました。ただ、出る頃にアンドレアスやヴィヴィアンのスタジオの人たち、知ってる人たちがたくさん入ってきたので、夫と二人でもうちょっと居ればよかったねと後悔したのですが、次のイベントに行った時はそんな後悔ももう忘れていました。

VOGUE ON の本は£15です!

IMG_4714

IMG_4715

IMG_4717

IMG_4718

IMG_4721

ラテックスのデザイナーAtsuko Kudo(アツコクドウ)さんのショップにお邪魔しました。Atsukoさんは私の夫、ベンの10年来の友人で、その当時は夫がAtsukoさんのブランドの写真を撮っていたりもしたようです。

ショップへお邪魔するたびに感動するのですが、ラテックスにレースの模様を施したり、水玉もあったり、全商品がラテックスで作られるという、ドレスもラテックスですよ!とにかくショップに置いてある商品全てがとてもポップでゴージャスで美しいのです。そしてラテックスは女性の体を美しく見せてくれるでしょう。そんな粋なことをしてるデザイナーは世界でAtsukoさんだけしかいないと思うんですよね。

そんな理由からAtsuko Kudoは世界のセレブにとても人気で、レディーガガやマイリー・サイリスも愛用しています。だけれども、セレブじゃなくても着てもいいでしょということで、数点オーダーしましたよ。タイトルの通りクチュールデザイナーのAtsukoさんなので、採寸してもらって自分の体に合う商品をひとつひとつハンドメイドで作ってくれます。今回オーダーしたのはミニドレス、ストッキング、下着、手袋と4点です。トータルでそれを着るとコスチューム化するかもしれませんが、それぞれのアイテムを自分が持っている洋服と合わせて普段使いしてみるつもりです。

http://www.atsukokudo.com/ja/Home/
http://www.atsukokudo.com/

IMG_4680

IMG_4679

IMG_4659

IMG_4666

IMG_4675

Copyright © tomoka westwood, AllRights Reserved.