インテリアショップ好きの日本人なら、誰もがコンランショップをまず初めの方に思い浮かべると思いますが、そんなコンランショップの本拠地は、ここロンドンです!地元福岡ならコンランショップは岩田屋さんの地下にございます。ロンドンでは、サウスケンジントンという美術館も博物館も勢揃いのとてもオシャレなエリアにあります。
Most Japanese are reminded of the CONRAN SHOP when they think about interior design shops. The CONRAN SHOP is based in South Kensington,LONDON where you can also see beautiful Museums and fashionable boutiques.

IMG_5261

日本のコンランショップは、写真撮影禁止と書いてありますので写真を撮ることはできませんが、こちらロンドン、お店の中も外も何のためらいもなく写真を撮ることができます。クリスマスのディスプレイは特に華やかで大好きです。
You can’t take photo of the CONRAN SHOP in Japan because you can see a ” No Photo” sign in the shop but you can take it inside and outside here in London 😉 I love the Christmas windows especially, they are so colourful and gorgeous!

IMG_5260

今、仕事で花の妖精について記事を書いていますので、花の妖精の本やグッズなんか見つけてしまった時には、気になって仕方ありません。
I have been writing about flower fairies these days for my work and I can’t stop finding something relating to flower fairies now.

IMG_5262

IMG_5263

これは去年のコンランショップのディスプレイです。
今年も去年もミッキーマウスがいるのは、何か意味があるのかな??
This is the window of the CONRAN SHOP last year.
Any meaning that you can see Mickey Mouse for the last 2 years in the window?

IMG_3132

IMG_3133

福岡の両親が荷物を送ってくれました。10キロにもなる荷物をEMSを使って送ってくれて、何と今までで最短の3日で福岡からロンドンに着きました。箱を開けて両親からの色んな贈り物を見ていると、夫婦揃って一足先にクリスマスの気分になったのでした。
My parents in Fukuoka sent us a 10kg parcel. Sent by a Japanese postal service called EMS (Express Mail Service), it was delivered after only 3 days. We opened the box and seeing the gifts,I had a feeling of Christmas.

IMG_5170

ロンドンの町中にある、オックスフォードストリートもリージェンツストリートもクリスマスのイルミネーションが点灯されましたが、私はスローンスクエアの、大人なイルミネーションが好きです。スローンスクエアの駅の近くにあるデパート、ピーター・ジョーンズのウィンドウは電化製品やキッチン用品で作られた動物でにぎわっています。これは一見の価値がありますよ!!
The Christmas illuminations in Oxford street and Regent’s street are lit up but I prefer the ones in Sloane Square, a very cozy and down to earth atmosphere. I enjoy the windows in Peter Jones where I see animal objects made from electrical goods and other household objects including kitchen stools. Take a look if you are in the area!!

IMG_5162

IMG_4958

IMG_4959

こちらはピーター・ジョーンズの中です。
This is the inside of Peter Jones.
IMG_4960

私たちの結婚式で、私の代わりに白のドレスを着てくれたベンの友達、フィリップのお引っ越し兼誕生会に行ってきました。
We went to see Phillip who wore a white dress instead of me at our wedding. It was his moving and birthday party at his new place.

_MG_7663

フィリップは誰かと言いますと、ロンドンの80年代のクラブの文化を作った伝説的な人です。ということでパーティーにはその時代の仲間で歌手のボーイ・ジョージも来ていました。ベンが普通に「こちらジョージ」と紹介するので、いくらメイクをした人でもまさかボーイ・ジョージとは初めは気付きませんでした。
フィリップの家には25名ほどの人たちが集まっていたので、息をするのも難しいほどでした。着いたと同時に花火が乗ったケーキでみんなでおめでとうを歌い、人の多さとそのキレイな花火とで、火災報知器が何度か鳴りましたよ。しかしそんなことは気にも留めずいつも通り派手なお洋服を着て嬉しそうなフィリップなのでした。
Phillip is a legendary club promoter in 80’s London, so musician,Boy George was there as well. Ben introduced him to me just saying “Tomoka, this is George.” so I didn’t notice him in the beginning even though he had put his make up on.
There were about 25 people in his flat, so it was hard to breathe. Everybody sang Happy Birthday to Phillip with a cake with a firework on it which didn’t help the air but looked pretty. And of course the smoke alarm rang a couple of times but Phillip looked so happy with his unique costume as usual.

IMG_5129

IMG_5132

IMG_5131

IMG_5128

こちらフィリップのお宅のトイレの前に飾ってあったマーガレット・サッチャー。
This is Margaret Thatcher in front of his toilet 😉
IMG_5139

ロンドンに越して来てすぐ、当時住んでいた家の近くで路上を歩く馬とそれに乗った警察官を見て感動したのを覚えています。最近もまた家の近くでよく見かけます。何度見ても迫力がある、感動物なのです!ロンドンで生まれ育った人たちも同じ気持ちのようで、馬が歩いているのを見ては立ち止まって話しかけています。

I was extremely touched looking at police officers riding horses in my neighbourhood where I used to live right after I moved to London. Recently, I’ve seen more in my new area. Every time I see police horses I still feel like “Wow!” because of their dignified presence and even Londoners feel the same way.

IMG_5045

この日は、初めて馬用のトラックを見ました。これに乗って馬は運ばれて来るようです。
家の前をパトロール中の警察官に、なぜロンドンの警察は馬に乗ってるのかを質問したところ、伝統であることが大きな理由だけども、例えばサッカーなどで暴動が起きた時に馬は人間よりも大きいので制御しやすいから、また、警察が馬に乗ってたらかっこいいでしょ;)と教えてくれました。
On this day, I saw a police horses’ lorry for the first time, horses seem to be transported by this means.
I asked the officer why the police ride horses on the street, and he told me that it’s an old tradition first of all, then that horses can stop riots because they are bigger than human beings and finally that the officers look cool on horses 😉

IMG_5042

IMG_5043

数ヶ月前バルカムでフラッキング反対のデモに参加した時に、そこにいた警察が、予算の関係上バルカム地域の警察は馬を所持していないので、こういうデモがある日はロンドン警察から馬を借りていると教えてくれました。
※フラッキングとは、日本語では水圧破水法と呼ばれ、シェールガスを採掘する方法です。フラッキングには大量の水が使われるのですが、その際に地下汚水や人工地震を引き起こすと言われています。

When we went to a demo against anti-fracking in Balcombe, the police officer riding a horse there told me that keeping horses cost a lot so police in Balcombe rent horses from London when they need them.
※Fracking is a way of mining shale gas which often causes water pollution and artificial earthquakes.

11月5日は毎年恒例のベンの友達との花火大会です。ベンが子供の頃から何十年も続けている行事ですが、年々安全などの問題からロンドンで花火をするのが難しくなってきているそうで、今年は私たちの友達アンディーが管理をしているロンドンブリッジの近くのガーデンで開催されました。
We had a Bonfire night on the 5th of November at Andy’s garden in London bridge. Ben has been having this party for decades since he was a child but it seems to have been difficult to find a place to have bonfire in London due to health and safety.

IMG_5022

お昼間のガーデンです。
This is the garden in the light.
7

アンディーにきれいに整備されたシャードからも近いこのガーデンは、もともとは娼婦や貧困で亡くなった方々のお墓だったそうで、石に付着した骨がここがお墓だったことを教えてくれます。
みんなで花火や飲み物や食べ物を持ち寄るのですが、総勢40名くらい集まったこの日に、私のおにぎり15個は意味がなかったですね(笑)アンディーの奥さん台湾人のヤシンは巻き寿司とキッシュを作って来ていました。それ以外の人たちはベイクドポテト用のじゃがいもにソーセージです。アジアとヨーロッパの食文化の違いを感じました。
みんなで談笑して飲んで食べて、約5時間くらい気ままに花火を上げ、気ままに解散となりました。
This garden which is very close to The Shard was originally a cemetery for prostitutes and poor. You can see pieces of scull in the concrete rubble…
It was a big party about 40 people. Most of them brought fireworks, food or drinks. I made 15 rice balls for the party but they weren’t enough for everyone! Andy’s wife Ya-Hsin from Taiwan made roll sushi and quiche ( She is a very good chef!) and other people brought potato and sausages. I felt the difference of food culture between Asia and Europe.
Anyway, we enjoyed talking, laughing, eating and drinking by the light and heat of the bonfire.

IMG_5019

IMG_4996

IMG_4999

IMG_5027

IMG_5032

IMG_5035

IMG_5036

IMG_5037

人間がとても楽しんでいる間に、私たちの愛犬ジャッキーは火を恐れて車から出れず、かわいそうにしていました。犬用の耳栓がないものかと思っています。
While human beings were enjoying the bonfire, our lovely dog Jackie was totally paranoid of the fire and we couldn’t let her get out of the car. I want to look for earplugs for her :)
IMG_5025

IMG_5040

地元福岡の名所大濠公園より大きな公園が、自宅の近所にあります。その名もバタシーパークと言いまして、今は落ち葉で地面が覆われ、秋の装いを見せてくれます。
There is a beautiful park in my hometown, Fukuoka, called Ohori park but we have a bigger and also beautiful Battersea Park in my neighbourhood, in London. The ground is covered with a carpet of leaves and you can feel autumn now.

IMG_4949

IMG_4950

そんな普段から素敵な公園で、11月5日前後の土曜日は毎年花火が上がります。家から花火鑑賞ができる最高の日になります。
11月5日は、「ガイ・フォークスの日」と呼ばれ、16世紀の11月5日に、カトリックの敬虔な信者であったガイ・フォークスがイギリス国教会の弾圧に抵抗するためジェームズ1世の爆殺を目論み、国会議事堂の地下を火薬で埋めたのですが、計画がバレてしまい、逆に捕らえられ拷問され処刑されたという事件があります。この日を自由のために戦った日、また火薬で地下を埋めたことにかけて、今では花火を楽しむようになっています。11月5日近くになると、スーパーや至る所で花火が売られ、ロンドンが日本の夏のような雰囲気になります。

There are fireworks around the 5th of November every year in Battersea Park and we can see it at home. I don’t think I should explain Guy Fawkes for British which I did above in Japanese 😉

IMG_4969

IMG_4974

IMG_4977

IMG_4980

この日はバタシーの他10カ所くらいで花火が上がっているのが見えました。右端の方では違う場所での花火が見えます。
There were over 10 fireworks in the air at one time that we could see at home. You can see small fireworks in the right side of this photo.

IMG_4985

狭い我が家なので普段は人をお招きできないのですが、今回は友人2名をお招きしました。彼らの頭上のジャケットはベンのリバーシブルのカモフラジャケットです。もうすぐ販売されます!
We usually don’t invite friends to our place because it’s too small for many people apart from small hobbits :) but this time we invited 2 of our friends. You can see Ben’s 2 reversible camouflage jackets above them, they will be sold at World’s end shop on King’s road soon!
IMG_4993

ウェールズ地方のファームハウスに滞在しました。

IMG_4786

義母の旧友ジェブが住んでいるので友達夫婦とお世話になったのでした。
ジェブとパートナーのマイクは、ロンドンからそこに移り住んで25年以上だそうです。ファームを購入し、イギリス人の大好きなDIY(自分たちで改装)をし、今も更に改装し続けています。ここはマイクのサクラダファミリアです(笑)永遠に終わらない改装だそうです。

家の中はピーターラビットの絵本に出てくるような作りで、広い建物の2階に大きな部屋が2つあり、ベッドは全部で4台。マイクが2ポンドで買ったらしい昔ながらのオーブンがあり、そこに木を入れ、木炭を入れ、それが家の中を暖めてくれます。携帯の電波ももちろんインターネットもないので、下界から遮断され、マイク自慢の音響設備で音楽を聴きながら読書をし、ゆったりとした素晴らしい時間を過ごせました。

そしてイギリスの田舎ですることと言えば必ずハイキングです!頼りない地図を片手に何となく目的地を決めてもくもくと歩きます。途中でスナックを食べ、さらに歩きます。3時間くらい歩き終えて山頂に着いた時に、きれいな野生の馬が雨水でできた池で水を飲んでいました。こんな風景が私が生きている現実の世界と共存するんだなと、あまりの美しさに感動しました。

ロンドンから車で5時間、ウェールズにはウェールズ地方の言葉があり、車の標識もウェールズ語と英語で表記されるようになり、独自の文化が流れています。美しいイギリスの田舎にまた出会えた旅でした。

Ben and I visited Vivienne’s friend Jeb who has lived in South Wales for over 25 years. Jeb and her partner, Mike have been remodeling their farmhouse since they moved there. And these farmhouses are Mike’s “La Sagrada Familia”, Antoni Gaudi’s church in Barcelona which is never gonna stop being worked on !
The farmhouse we stayed in was very big, 2 bed rooms upstairs and 4 beds in total. There was an old oven which Mike bought for only £2 😉 Ben and our friend Andy made a fire every morning and evening to make the house warm. Of course we didn’t have any phone reception and internet connection, so we enjoyed being isolated by busy daily life with reading, listening music ( Mike has a great sound system!) cooking, drinking and talking.
We also enjoyed hiking. And when we reached to the summit I was sooooo amazed by the sight of seeing some wild horses that were drinking water in a pond which was made by rain. This beautiful scenery and my real life are in coexistence! What a beautiful world!

IMG_4760

IMG_4765

IMG_4800

IMG_4805

IMG_4807

IMG_4820

IMG_4825

Wales 071Sm

ハイキングの途中で愛犬ジャッキーがつらそうに歩いているのに気付きました。地面を見ると、一面がとげとげの野草で覆われていました。なので私たち夫婦と友達夫婦とでジャッキーを抱えてハイキングしたのでした。
A while later we noticed our dog Jackie seemed to be having a hard time walking until we looked closely and the ground was completely covered with young small gorse plants which had leaves like needles. We are a happy family, so we and our friend Ya-Hsin carried Jackie. (Thank you darling!) And Jackie looked so happy!

IMG_4847

1370192_10151882821102171_1086704723_n

IMG_4859

Copyright © tomoka westwood, AllRights Reserved.