日頃よりお世話になっているお友達アンディーの誕生日で、なかなか予約が取れないというロンドンブリッジ近くの素敵なパブに行ってきました。ガーデナーアンディーはベンがWorld’s endのブログにも書いていますが、とてもユニークなオシャレセンスを持った人で、ヴィヴィアン・ウエストウッドのメンズ、2009/10年の秋冬コレクションのテーマにもなっています。
We went to a nice pub in London bridge where you must book in advance for our dearest friend Andy’s birthday. A gardener, Andy has a very unique fashion sense and he was the theme of Vivienne Westwood MAN’s 09/10 in Milan. Ben wrote about him in World’s End blog.
http://worldsendshop.co.uk/andy-the-gardener/

また、アンディーの奥さんで、台湾人のヤシン無しには私のロンドン生活はとても寂しいものになっていたかもと思えるほど、ヤシンにはお世話になりっぱなしです。表現力豊かな自然を愛する彼女のブログも添付します。(マンダリンと英語ですけど)
And I must say my life in London might be a bit lonely without Andy’s wife dearest Ya-Hsin. She always gives me a good advice. I’ll attach her blog here too.
http://englandsfinesthours.wordpress.com/

IMG_5397

パブの中はお昼過ぎからテーブル席はすでに空きがなく、バーカウンター周りも立ち飲みの人たちでひしめきあっていました。イギリスにはそれはもちろんたくさんのパブがありますが、ここのパブは内装がとっても素敵。イギリス紳士が集まったんだわと思えるような重厚で、何となくインテリに見える作りです。
There was no vacant seat at lunch time and the pub was so packed even around the bar counter. I liked the interior of this pub. I could imagine British intelligent gentleman like Andy having get togethers in this pub ages ago.

IMG_5398

IMG_5401

I’ll explain about a Christmas cracker in Japanese a bit.
この時期と言えばクリスマスクラッカーです。クラッカーを二人一組で引っぱり合うと、中には王冠とプレゼント、そしてジョークを書いた紙が入っています。さすがにクリスマスクラッカーは日本では見たことがなく、どうやらイギリスのクリスマス時期だけの習慣のようです。
こちら引っ張った後のクリスマスクラッカー。。。
IMG_5320

これが中に入っているジョークですが、ジョークの意味がまだ私には理解できません。。。
IMG_5319

久しぶりに会ったロバートは、青色の王冠が中に入っていたようで、彼がかぶってきた青色のニットキャップとマッチしていました。
Robert got a blue crown which coincidently matched the blue knit cap he was wearing before.
IMG_5400

こちらアンディーとヤシン夫妻。私たちはこの写真をミスターアナログ&ミセスデジタルと呼んでいます。
This is picture was taken in Wales, we called it Mr.analog & Mrs. digital :)
http://tomokawestwood.com/2013/11/01/south-wales/
Wales 135Sm

義母でございますヴィヴィアン・ウエストウッドの会社のクリスマス会に行ってきました。
We went to the Christmas party of Vivienne Westwood company in Battersea Arts Centre.

IMG_5307

会場であるバタシーアーツセンターは、外のネオンも素敵ですけど中のアーチやホールも、とってもクラシックな感じで素敵な場所です。
ロンドンのオフィスとショップも合わせて、総勢200名くらいのスタッフが集まりました。ワインを飲みながら色んな人たちと談笑です。その傍ら生のオペラやバンドの演奏を聴いたり(バンドは若いのに歌もうまくてかっこよかった!)ヴィヴィアンの友達で、ロイヤルバレエのトップダンサー、フェルナンドのバレエを鑑賞したりもしました。彼のダンスのあまりの力強さと美しさに私の目は♡になっていたと思います。
The Battersea Arts Centre was a beautiful place with a classical arch at the entrance. And I also liked the neon sign outside.
About 200 people from the head office and shops in London enjoyed eating, drinking and dancing together. We also had a great chance to see live music including an opera singer, 2 pop bands, and a beaaaaautiful dance by Ferrnando who is a Vivienne’s friend and a top dancer of the Royal Ballet. I think my eyes turned into ♡ shape seeing his incredibly beautiful and powerful dance.

IMG_5311

IMG_5323

IMG_5332

IMG_5336

IMG_5364

IMG_5356

王様になったベンとメンズのイケメンデザイナー、ギオーグ。
Ben and a Men’s designer,Georg were two kings with long hair, moustaches and beards.
IMG_5338

ワールズエンドの名物店長リサ。全身のタトゥーも含めての彼女の着こなしは、いつもかっこいいです。彼女が着ているドレスは1970年代にデザインされたTシャツの復刻版Tits dressです。ワールズエンドのブログで紹介されていますが、あのローリングストーンズのチャーリー・ワッツが似たものを着ていたそうな。そして私、チャーリー・ワッツに2005年NYで偶然会いました。数分話しましたよ!さすがにその時はそのTシャツは着てなかったですけど笑
This is me with Lisa, the famous shop manager of World’s End. Her styling is always very cool with tattoo art all over her body. The dress she is wearing is called the “Tits dress” and this was originally designed by Vivienne in 1970’s. I’ve seen a picture of Charlie Watts from the Rolling stones wearing a similar T-shirt on an album cover. I happened to meet Charlie Watts in the meat packing district in NYC in 2005 and had a chat for a couple of minutes! 😉 but he was not wearing the T-shirt at that time 😉
ワールズエンドのブログ Here is the World’s End blog link → http://worldsendshop.co.uk/ooh-la-la/
IMG_5341

いつもはジャッキーがオチですが、今回最後は北極のシロクマちゃんです。今ヴィヴィアン・ウエストウッドは北極圏を守る活動に力を入れています。北極は誰の者でもありません。地球が温暖化したことにより氷が溶けて、溶けたから近隣の国が領土を求めるって、そんなおかしな話はありません。
ファッションだけでなく、ヴィヴィアンの活動、Climate Revolutionにも是非注目して下さい。
I usually write about Jackie at the end of the blog but this time I wanna talk about a poler bear. Vivienne has been making an effort to stop climate change and save the earth. The Arctic doesn’t belong to anyone. It’s really silly that some countries insist on defining it as their territory attracted by the resources exposed by the melting ice caused by climate change. I want you all to pay attention to her work at Climate Revolution.
Climate Revolution のサイトはこちらから→ http://climaterevolution.co.uk/wp/

IMG_5337

眼鏡を手にClimate Revolutionの担当シンディーの話に耳を傾けるヴィヴィアン。
Vivienne was listening enthusiastically to Cindy who is on the Climate Revolution team.
IMG_5322

私がエージェントをさせてもらっているELECTRONIC SHEEPのデザイナーのヘレンが、ショーディッチで行われている展覧会のオープニングに誘ってくれました。
Helen who is one of the two designers of the label ELECTRONIC SHEEP which I have been working for as an agent invited us for an art exhibition opening party in Shoreditch.

IMG_5278

展覧会のタイトルは「To London With Love」で、ロンドン在住のアーティスト約50名が、それぞれが感じるロンドンをテーマにポストカードにアートを施したもので、ポストカードは£10で販売されています。グラフィックデザイナーのヘレンは、ヘレンの友達と一緒にコラージュした作品を作っていました。時間と場所が書いてあるユニークなアートで、実際に彼女が体感したものをグラフィックにしたそうです。会場の中も外もたくさんの人で、大盛況なオープニングのようでした。
The title of this exhibition is ” To London WIth Love”, about 50 artists who live in London were involved. Each artist drew an artwork on a postcard about how they feel about London and the postcards are sold for £10. Helen who is a graphic designer collaborated with her friend who has been working for a magazine. Their artwork is unique because their postcards are based on specific time and places in their life in London. There were many people inside and outside and it seemed to be a quite successful opening.

IMG_5293

写真の質感が違うのはヘレンが送ってくれたから。ヘレンのお隣がヘレンとコラボした方。
This picture is Helen’s that’s why the texture looks a bit different. Helen’s partner in this project is standing next to her.
photo 5 copy 4

photo 3 copy

photo 5 copy

私もヘレンももちろんELECTRONIC SHEEPのスカーフです。ちなみに私のジャケットはWorl’s endのボンバージャケットを上下逆さまに着ています。
Helen and I were of course wearing ELECTRONIC SHEEP scarves! By the way, my jacked is a World’s end’s Bomber jacket which you can wear upside down as I am doing.
WEBはこちらから。私もモデルしました。Here is the World’s end website. You can see me there. http://worldsendshop.co.uk/clint-eastwood-bomber/

IMG_5285

会場で見つけたこのサイン。うちのジャッキーは毛が長いジャックラッセルなので、このPRIVATEの領域に立ち入ることができます!
A private sign in the exhibition. Our Jackie can get in because she is a Jack Russell rough 😉

IMG_5279

Material 3 Rivington Street London EC2A 3DT
6th – 21st December 2013

仕事でウェストサセックスにある小さな村アンバリーに行ってきました。ベンが子どものころ、この辺りのボーディングスクール(寄宿舎学校)に通っていたこともあり、ベンに色々案内してもらいました。
I visited a small village,Amberley in West Sussex for my writing job. Ben used to go to a boarding school around here, so he took me to some places.
IMG_5203

海辺のサセックスもとても魅力的だけど、今回は海辺じゃないサセックスの魅力を知ることになりました。今も残る藁葺き屋根の家(豪邸ですけど)に12世紀に建てられたという石造りの教会、緑も豊かで川に丘でしょ。居るだけで気持ちいいな〜という場所でした。この村には、今も昔もアーティストがよくスケッチをしに訪れるらしいのですが、昔から変わらない風景を持つこの場所ですからね、納得です。
The coast in Sussex is always attractive but it is also very beautiful inland. I saw many thatched roof houses (this one looks like a rich mansion), a stone church built in the 12th century and beautiful nature with a river. I felt so comfortable and calm just being in the village. I heard many artists have visited here to sketch which I totally understand with this unchangeable beauty.

IMG_5220

IMG_5222

IMG_5210

IMG_5184

IMG_5192

いつものように歩きに歩いたのですが、ここは地面が非常に水を含んでいまして、そりゃイギリス人、ウエリントンブーツ(有名どころだとHUNTER)必須よね。私はいつも車に防水のブーツ常備してますので大丈夫でしたが、一緒に行った写真家の男子二人はスニーカー浸水したんじゃないかな。しかしこういう沼地、ジャッキーは大好きなんです。パチャパチャと音を立てて走り回り(多分その音が好き)沼地を出たらそれは見事に泥だらけでした。お利口さんだったのは、その後川を見つけて自分でキレイに泥を落としたことです。お利口さんだね〜。
We walked and walked on the ground which was pretty muddy and I fully understand why most British people have wellington boots! These are a MUST! I always put my boots in our car so I was alright but the 2 photographers who came with us for their work put their normal trainers on and I thought I should have told them to bring waterproof boots. On the other hand, Jackie loves mud very much. She ran and ran splashing about and she was completely covered with mud. But she was clever enough to clean herself in the river. Very good girl, Jackie!
IMG_5194

IMG_5197

走り回った翌日、疲れを引きずるおばあちゃん犬は、友達の家でこの有り様。このポーズを見るとピラティスのバレルを思い出します。きっと背骨がストレッチできて犬も気持ちいんだろうな。
An old lady, Jackie was still knackered the next day at our friend Louie’s. This Jackie’s pose always reminds me of the Barrel, which is equipment for pilates. I’m pretty sure this pose makes her spine stretched.
写真

Copyright © tomoka westwood, AllRights Reserved.